本文へスキップ

解離性障害HEADLINE

解離性障害とは

一人の人物の中に、二つ以上の人格が現れます。主人
格と、それ以外の人格(交代人格)と呼ばれます。

   


解離性障害中でもっとも重く、切り離した感情や記憶
が勝手に成長して、別の人格となって表に現れます。

人格の交代は突然起こります。そのとき頭痛を訴えた
り意識を失ったりすることもあり、また何の症状もなく
入れ替わる場合もあります。

主人格には、交代人格が表に出ていた時、重要な行
動の記憶が抜け落ちているといわれています。

しかし、実際には他の人格の存在には気づいているよ
うです。また、それぞれの性格や行動、対人関係など
について記憶している場合もあります。

また、異なった人格が互いに、友人・仲間・敵対者など
と感じていることもあります。

各人格は性別、年齢、性格などさまざまで、固有名を
持っているケースが多いようです。

主人格:太郎25歳 交代人格:花子52歳 など


*テレビなどで放映されることもありますが、それらは
かな り誇張した形式をとっていますので、娯楽として
ご覧ください。