本文へスキップ

離婚のポイントshop info

離婚前の禁忌事項

離婚は、就職や起業・結婚などと同様一種の社会的
な行事に該当します。パートナーや家族のことも当然
ですが、社会生活をすごしていく上で注意することが、
離婚の際にもいくつかあります。

   


まず、離婚問題に際してなるべく避けたほうが良い(禁忌)ポイントを挙げておきましょう。


★弁護士や離婚カウンセラー・行政書士に最初に相談する

「えっ、相談するのが当然でしょ」と思われる方も多いで
しょう。弁護士は離婚に関する法律と裁判のプロ・離婚
カウンセラーは離婚カウンセリングのプロ・行政書士は
離婚手続きのプロフェッショナルです。

つまり「離婚したい場合に行く機関」ということになります。、これらの機関に相談した場合、相談を受けた側がとる
行動というのは、まず第一に

「スムーズな(有利な)離婚」

ということになります。離婚のプロですから、離婚への
スムーズな方法を採用することが考えられます。「覆
水盆に返らず」ということわざもありますから、まずはじ
っくりと自分自身の考えをまとめましょう。


★パートナーに聞こえるように離婚を口にする

ついカッとしてしまって、気持ちが固まってもいないの
に「もう離婚するっ!」と言ってしまうことがあります。
気持ちは分かりますが、「離婚」というキーワードをパ
ートナーさんがが耳にした場合、冷静でいられなくな
る場合が往々にして出てきます。また、ひどく心に重く
のしかかり、精神が不安定な状態になってしまうこと
も考えられます。


★自分の親に解決してもらう

自分より年長で、分別もありそうに思うのですが、親と
いうのは、自分の子供がかわいいものです。また、実
際の結婚生活ぶりを子供を通してしか見ていません。

親からすれば、自分の子供が悩んでいたり悲しい思い
をしていると思えば、まずパートナーさんやその両親と
話をつけようとするでしょう。中には相手方に乗り込ん
でいく方もおられるかも。


どのパターンも同じですが、まずは第三者に相談をし
て、離婚意思が固まった状態になってから報告や協力
してもらえるようにするのがベターだということになりま
す。