本文へスキップ

空間認識と発達障害HEADLINE

空間認識能力

空間認識能力とは、身の回りに存在するもの(物体)に
ついて認識する能力のことを差します。ものの所在地・
方向・距離・大きさなど、物体が三次元空間に占めてい
る状態や関係を、すばやく正確に把握、認識する力の
ことをいいます。

   


たとえば、野球やサッカーなどで狙った場所にボール
を当てる(蹴る)ことや、飛んでくるボールを掴むこと、
または平面的な図を見てその図を三次元に構築する
能力などが空間認識能力に該当します。

生きていくのに必要な、外敵から身を守ったり、迫り来
る危険の度合いを測定するといった能力も、空間認識
能力に関係するといわれています。

空間認識能力は、視覚・聴覚などの協力で成立し、主
に右脳によってコントロールされているそうです。となる
と、感情面に弱さがあるアスペルガーとも関連がありそ
うですね。また、LD(学習障害)やディスレクシア・AD
HDと併発しているケースもあります。

空間認識を具体的に説明すれば、

・鉄棒で「逆上がり」をする際に自分の身体がある場
 所が分かる。

・自動車の駐車の際、駐車スペースの距離感や車の
 向きが感覚で判断できる。

・目の前にあるコップが手が届く範囲にあるかどうか
 理解できる。

・飛んでくるボールの位置や距離を瞬時に判断し、うま
 くキャッチ(回避)できる。


いかがでしょうか。日常生活において本当に多くの場
面があると思います。

特に多いのが「漢字の組み立てが分からない」「図形
問題がまったく理解できない」というものです。空間が
理解できないだけでも不安なのに、字が読めなけれ
ば学校でもハンディを抱えてしまいます。さらに、両
親には「こんなに簡単なことがなぜできないの!」と
叱責されるのもこの症状の典型です。

今まで「運動神経が弱い」「運動音痴」として片付けら
れていたもののうちいくらかはこの空間認識能力が弱
いために発生しているように感じます。だから、球技は
苦手でも陸上競技には抜群の能力を発揮する方もお
られるということになります。

脳のメカニズムについてはまだまだ謎が多く、解明され
ていない部分も山積しているのですが、訓練によってあ
る程度は向上させる事が可能だといわれています。空間
に存在する自分と、自分に相対する物品の中で過ごすこ
とにより空間認識能力は高められるといわれています。

カウンセリングを受けに来られる方は圧倒的に成人が多
く、子供の頃なら、田舎の野山で遊ぶことで空間認識能
力は自然に身に付くのでしょうが、現実的には屋内で可
能なトレーニングを行う必要があります。

空間認識能力は目を開けている状態よりも閉じている
状態の方が活発に稼働する為、目の前に置いてある物
を取るなどの日常の中で何気なく行なっている作業を
両目を閉じて直観を働かせて行なうだけで、空間認識能
力は鍛えられるようです。

ミュゼでは、空間認識だけを改善する作業は行ってい
ませんが、日常生活に必要な能力を総合的に高めてい
きたいと考えています。このような症状にお悩みの方も、
ぜひ一度お越しください。